鉄分100%~壁面鉄道建設記~ 壁面鉄道の建設運営および新線建設のコンサルタント業?

<<  2007年 2月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
最近の記事
2010-夏休みの画…
08/24 10:52
2010-夏休みの画…
08/24 09:23
2010-夏休みの画…
08/24 09:06
「さかな」と「カシオ…
07/13 00:45
皆さん!ご注意!月曜…
06/09 13:58
最近のコメント
最近けっこう流行っ…
岡村 05/16 02:24
突然の書き込み失礼…
最近の流行 05/12 01:59
女性が自己主張をしや…
女の性欲 05/11 13:57
今流行のボーイズラブ…
ボーイズラブ 05/10 13:06
まったく新しい即逢い…
即逢い 05/08 13:45
最近のトラックバック

コレこそ!「お宝」!

 模型店や書店の『趣味・ホビーコーナー』などで同世代の方々と出会うことがあります。例えば書店で、そんな方と「とれいん」か何かに手を伸ばした刹那、手のひらジェット機がニアミス! 目を見合って、「どうぞ」なんていって「TMS」に着陸地点変更!…なんてとき、確信が無いが「ン!こいつ!元GMカタログ少年か?」と思える瞬間があります。

 妻から見れば「汚いカタログ」読み終わったらキチンとしまいましょう!

 最近のカタログ事情は詳しくありませんが、80年代の「GMカタログ」は当時の他社カタログとは一線を画し、「GMとしての企業理念」「提案」と云った読み物が強く位置づけられており、むさぼる様に読んだものでした。

 例えば、80年のカタログで『ポイントtoポイント(下左写真)』、『自分だけの鉄道を創ろう(下中写真)』を提案し、82年では分割式大型レイアウト『須津谷(スズヤ)急行電鉄(下下左写真)』を発表すると同時に、『今年のテーマ街の研究』と題した記事では、「用途地域内の建物用途制限」「建ぺい率制限」「建築物の高さ制限」と言った街づくりの基礎を紹介し、鉄道模型の制作ではなく、都市模型の制作を論じております。

  『ポイントtoポイント』  『自分だけの鉄道を創ろう』     『須津谷(スズヤ)急行電鉄』  『1/144スケール(飛行機プラモ)のススメ』

 さらに『当節Nゲージ事情(83年)』で「テーマの設定」「N=走らせるゲージ」を、『レイアウトデザインの新しい展開(84年)』では「レイアウトの時代設定」を、『レイアウトデザインの新しい展開PartⅢ(85年)』では、その後語り継がれる『1/144スケールのススメ』での「飛行機プラモとのコラボ(上左写真)」を提案しております。 
 すべてを紹介することはできませんが、これほどの『模型を楽しむ指南書』はないと思います。 

 
たからもの | 投稿者 Jパパ 12:19 | コメント(4)| トラックバック(0)
トラックバック
こちらの記事へのトラックバックは下のURLをコピーして行ってください。
コメント
GMのカタログ、持ってますよ。と言っても一冊だけ、Vol.9です。あと、GM CRAFTMAN'S MANUAL VOL.1 というのも一冊。当時通販で製品を手配するのに買いました。もちろんネットでなく郵便の時代。
須津急も GMのカタログに載ってたんですね。知りませんでした。私が見たのはその前の作品かな?確か HOで、レイアウトテクニックだかレイアウトモデリングだったか、どちらかに掲載されてて、かなり触発されました。潜在的に、下総快速の原点だったりもするかも知れません。
投稿者 H.Kuma 2007/02/07 22:40
H.Kumaさん、いらっしゃいませ!
昔は情報源が限られていた所為か、私などは雑誌などに掲載されたレイアウトに感動し、触発(片思いに近い「感染」)され、自己中毒(?)を起こし、方眼紙にコンパスを立てる毎日でした。
情報があふれる現代では、自己中毒を起こしずらい環境にあるのかな?と、NHK教育で始まった『趣味講座 鉄道模型』を見ながら思いました。
投稿者 Jパパ 2007/02/08 04:41
お邪魔します。
この当時のカタログは全て持っています。ストラクチャーの解説では建築基準法まで載っていましたね(^_^;)
1/144のヒコーキは最近になってバリエーションが増えてきたのでこの記事は今でも十分役に立ちます。
須津急はフリーの車両とレイアウト、運転の全てが参考になりました。σ(^_^;)の『赤瀬温泉電軌』の原点の一つです。
投稿者 てつ@ 2007/02/09 19:17
てつ@さん いらっしゃいませ!
GMカタログを読み直したところ、「めざまし時計の短針を取り外した時計で『スケール運転』」という記事がありました。実時間5分が模型社会の1時間ということですが、「目からウロコ」のアイデアだと思いませんか?
これからも、ヨロシクお願いいたします。
投稿者 Jパパ 2007/02/10 18:15
名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:
ホビダス[趣味の総合サイト]